殻を破り、人生を、ビジネスを、自分主役の劇場にする!
TOPページに戻る

~円滑・多彩なコミュニケーションスキルの育成に~
「コミュニケーション能力向上プログラム」

<強化に効く処方箋>
コミュニケーション能力表現力個性脳力・頭の回転

大事なのは
コミュニケーション能力を向上させるためには、あなた自身の「個性」を出した上で、他者と調和できなければいけません。
落とし穴
コミュニケーションは、「heart to heart」であり、「人と人」です。マニュアルやテクニックや知識だけではどうにもなりません。
どうすれば?
あなた自身の「個性」を開放し、あなたの魅力が光るようになりたいものです。目を惹くのは「会話力」。会話や対話のトレーニングは十分に積んで、その中で個性を出せるようにしましょう。

失敗を恐れる気持ちが邪魔にならないよう、まずはゲームで最初の一歩を踏み、それから失敗しても構わないインプロで練習を積めば、苦手な人も向上が期待できます。

 


Zip Zap(ゲーム) 集中力/エネルギー/臨機応変力/判断力・決断力/
能力・頭の回転
「白熱するエネルギー。競技化したいくらいの楽しいゲーム」

「Zip」「Zap」「Bop」という三つの技を駆使して、 エネルギーをパスしていくゲーム。楽しく熱中して取り組むことができます。 集中力と頭を使うので、心地よい疲労感と共に、反応力や判断力など様々な能力を養います。アイスブレイクとしても最適です。

美術館(インプロ) 創造力/想像力/脳力・頭の回転/表現力/
コミュニケーション能力/ プレゼンテーション能力
「この絵は~~で、……で、・・だからいいんだよ」

このインプロは、美術が大好きで解釈が豊かな人と、さっぱり理解できない人のものです。美術好きの人は、相手に伝わる美術品の描写と解釈が必要なので、頭の回転と想像力が鍛えられます。これは同時に、スピーチ能力・プレゼン能力向上にもつながります。もちろん、美術品はすべてイメージです。イメージだけど、そこにあるように演じ、説明することができるでしょうか? 

ゾンビー・ゲーム(ゲーム) コミュニケーション能力/判断力・決断力/緊張に負けない力/集中力

「名前を呼んで!」

グループの初期形成段階に適したゲームです。というのも、名前を覚えないといけないし、お互いにアイコンタクトを使ってコミュニケーションを取り合うからです。
迫り来るゾンビーから回避するためには、誰かにアイコンタクトで助けを求め、名前を呼んでもらわなければなりません。突然くるゾンビーに緊張して固まっては助かりません。平常心を保ち、すばやくアイコンタクトを送って助けてもらわなければいけません。また、助けをもとられた人も、すばやく名前を呼んで助けてあげなければいけません。
お互いのコミュニケーションを深めながら、集中力、平常心、判断力などを養うことができます。


ルームメイト(インプロ)

創造力/想像力/説得力・交渉力/表現力

「きれい好き? 怠けもの? 二人のバトルはいかに」

ルームメイト同士のインプロ。性格に対照的な違いがある中、相手に何かを求めるとき、よく衝突があるものですよね。どれくらい説得力ある自己主張ができるでしょうか。部屋のイメージを共有することも求められるので、想像力も養われます。また、それぞれの役作りの違いを出すことができるかもポイントです。

 


合計時間:約240分(120分×2回)  人数:8名~10名程度

【解説】
コミュニケーションスキルは、発話力と受話力だけを狙いにしているのではありません。自発性や積極性、他者を引き込むエネルギーが必要です。そこで、「Zip Zap」というゲームを取り入れています。
ゲームによって、アイスブレイクから自然とお互いの交流を深める流れを作ります。参加者全員が同じ速度でなじんでいくので、無理がありません。また、これらのゲームを通して豊富な会話を実践できるほか、人と目を合わせることに慣れるトレーニングにもなっています。コミュニケーションに苦手な人でも、無理なく入っていくことができます。
インプロも二つ導入しているので、リアルな状況に近い設定で、実践的なトレーニングを積んでもらいます。

このモデルプランは、FEATHER IMPRO ACT PROJECTの提供です。この研修を採用してみたい方や、他のバリエーションでの研修を検討される方は、こちらまでお問い合わせください。

【このようなコミュニケーション能力に役立つプログラムに参加するには】
・「殻破りインプロトレーニング」
・「女優インプロ」

インプロ.comトップページに戻る

フェザー・インプロ・アクト・プロジェクト HPへこれらの研修に関するお問い合わせは、FEATHER IMPRO ACT PROJECTまで
ビジネスインプロ研修の専門家 別役慎司にお任せください。
copyright©2013, 別役慎司