殻を破り、人生を、ビジネスを、自分主役の劇場にする!
TOPページに戻る

~組織を力強く牽引するリーダーシップの育成に~
「リーダーシッププログラム」

<強化に効く処方箋>
リーダーシップ能力判断力・決断力創造力想像力

大事なのは
リーダーは特に「決断力」が大事。そして、「創造的な想像力」がなくては、ビジョンを伝えられませんし、新しいものを生み出すことが出来ません。
落とし穴
リーダーは、常に正解と成功を求められ、「プレッシャー」を受けています。これが結局は、既に収めた正解と成功に安住することになり、「新しい創造」を阻害します。
どうすれば?
0から新しいものを生み出す「新鮮な創造性」を回復させましょう。そのためにゲームやインプロを、新しい気持ちで受けて下さい。

また、リーダーたるもの、メッセージをわかりやすく、才気煥発に、ユーモアに伝えられる力がなくてはいけません。「スピーチ能力」を磨く必要があります。

 


Oh,Balls!(ゲーム)

集中力/エネルギー/自発性/コミュニケーション能力/
判断力・決断力

「コミュニケーションはキャッチボールから!」

熱中して取り組めるゲームです。円になって、アイコンタクトのみでボールをパスしていきます。もし落球した際には、瞬間的に反応し、ボールの名前を叫びます。集中とエネルギーが肝心です。ボールが増えると、更に視野を広くし、集中のポイントを増やさなければいけませんが、アイコンタクトが不十分だと落球が多くなります。
応用編では、フロアを自由に動きながら行います。


ルールを当てろ(ゲーム) 創造力/表現力/集中力/想像力/臨機応変力/リーダーシップ能力

「観察、推理、ばれないように演技。チームプレーでポイントゲット」

2チームに分かれて対戦します。あらかじめルールを書いた紙を引き、もう一方のチームからの質問に答えますが、必ずルールを踏襲します。さぁ、質疑応答の末に隠れたルールを見つけ出すことができるでしょうか。
当てる側は注意力、観察力、分析力と、チームワークが求められ、質疑応答に答える側は、臨機応変的に答えをひねり出す頭脳と、ばれないための表現力が求められます。ゲーム形式なので、最終的にポイントをたくさん稼いだ方が勝利チームとなります。


ライフ・ストーリー(スピーチトレーニング) 創造力/表現力/集中力/自発性/緊張に負けない力/脳力・頭の回転/プレゼンテーション能力/想像力

「画期的な即興的創造スピーチ」

ランダムに出されたキーワードを使ったゲーム形式のスピーチトレーニングです。時間制限と途切れず話すルールがあるため、頭の回転をフルスロットルしつつ、うまくキーワードを使って、優れたスピーチを成立させなければいけません。緊張に強くなるし、脳力も育成されます。それでいて、聞き手に伝わるようなスピーチができれば最高です。時間配分やスピーチの構成も意識することが必要でしょう。想像力や表現力のみならず、思考力・論理的構成力も養うことが可能です。
応用編は、全員で一つのストーリーを即興的にリレーしていきます。人間の想像力のすごさを感じることでしょう。


プレゼン発表(インプロ) 創造力/プレゼンテーション能力/集中力/
脳力・頭の回転/ 臨機応変力/リーダーシップ能力

「どんな状況でもプレゼンを成功させる!」

ほんのわずかな事前準備のもと、インプロ形式で行うプレゼンです。緊張する状態を作り、プレッシャーに晒されながら、プレゼンを成功させることができるか。他の参加者は皆、プレゼンの出席者としてエキストラ参加するので、どんな質問が飛び出るか、どんなハプニングが巻き起こるかは予想できません。それでも、素晴らしいプレゼンにすることができるでしょうか。
技術的な気づきがあるだけでなく、緊張への耐性や集中力や臨機応変力なども養うことができます。


 

合計時間:約300分(150分×2)  人数:6名~10名程度

【解説】
ゲーム「Oh, Balls!」は、アイスブレイクとしても最高ですので、是非覚えて活用してください。反応力、瞬発力、エネルギー、広い視野など、リーダーとして必須のスキルを持ち合わせているか確認してください。
「ルールを当てろ」は、頭脳ゲームです。観察力と思考力、既存の概念を打破する柔軟な発想力を鍛えていただきます。
リーダーは、人前で話すことが多いものです。しかし、作った原稿を読み上げるようなリーダーではいけません。「ライフストーリー」で、即興的に魅力的なスピーチができるように練習します。これは、誰かがいったことを、伏線にして生かすという高等テクニックにも繋がります。
最後の「プレゼン発表」で、リーダーのリーダーたるプレゼンテーションを目指します。

このモデルプランは、FEATHER IMPRO ACT PROJECTの提供です。この研修を採用してみたい方や、他のバリエーションでの研修を検討される方は、こちらまでお問い合わせください。

【このようなリーダーシップに役立つプログラムに参加するには】
・企業内研修として導入
・「殻破りインプロトレーニング」



フェザー・インプロ・アクト・プロジェクト HPへこれらの研修に関するお問い合わせは、FEATHER IMPRO ACT PROJECTまで
ビジネスインプロ研修の専門家 別役慎司にお任せください。
copyright©2013, 別役慎司